妊娠と薬

漢方処方についての考え方

丸山記念病院の産科・産婦人科では漢方を処方するケースが多くあります。今回は漢方処方についての考え方について書いてみたいと思います。

漢方というと科学的なエビデンスが無いようなイメージがあるかもしれませんが、病院で使用しているのはきちんと薬として認定され、保険もきくものです。同じ症状に対しても、体型や体質によって処方する薬が異なり、かなり細かく分類され、種類は非常に豊富です。

漢方を処方するメリットとしては、まず副作用が少ないことが挙げられます。また漢方というと、長く飲まないと効かないというイメージがありますが、体質や症状に合えば即効性もあります。余り効かなかったら1週間ごとに薬を変えてみて、体に合うもの、症状に効くものを探していくというような処方の仕方も可能です。

また漢方には「未病」という概念があります。明確な病気には至らないものの、何らかの症状があるという考え方です。例えば患者さんは痛みや不快感を抱えていても、検査をすると特にどこも異常がないというケースは珍しいことではありません。漢方はこのような場合にも処方することが出来ます。妊産婦さんで言うと、「むくみ」・「冷え」・「慢性的な疼痛」などがそれにあたります。

妊産婦さんに対しては、上記のような漢方が持つメリットがマッチするケースも多いので、漢方を処方することも多くなるのです。

ちなみに私自身も漢方を服用するケースは多く、効果が良かったものを患者さんにすすめることもあります(笑)

関連記事

  1. 妊娠についてよくある質問

    妊娠中のむくみ・冷え

    すっかり秋の気配、場合によっては冬と感じるほど寒くなることも多くなって…

  2. 妊娠と薬

    妊婦さんに処方している漢方 つわり

    多くの妊婦さんが、妊娠中に最も辛い症状として挙げるのが「つわり」です。…

  3. 妊娠についてよくある質問

    妊娠中のセックスについて

    妊娠中にセックスをしてもいいのか?というのはみなさん気になるところかも…

  4. 妊娠についてよくある質問

    妊娠が分かる前のアルコール、どの程度影響する?

    妊娠のごく初期には妊娠しているかどうか自覚することは難しいです。…

  5. 妊娠と薬

    妊娠中の睡眠

    妊娠初期は黄体ホルモンの影響で眠くなります。それ以降は、特別眠…

  6. 妊娠についてよくある質問

    妊娠線って消えるの?

    妊娠してお腹が大きくなるとできる「妊娠線」。女性にとっては気になること…

  1. 妊娠についてよくある質問

    妊娠線って消えるの?
  2. 妊娠についてよくある質問

    妊娠と基礎体温
  3. 婦人科の病気

    月経(生理)について悩んでいたら病院へ
  4. 妊娠についてよくある質問

    妊娠中の出血
  5. 不妊治療

    人工受精と体外受精の違い
PAGE TOP