予防接種

母子手帳はとても大切

母子手帳は妊娠中の検査結果やお子さんの成長記録をつける、お母さんと赤ちゃんの健康についての情報が一元管理できる手帳です。その中でも大切な役割のひとつが予防接種の履歴の記録です。

頻繁に使用するのはお子さんが小学校に入学するくらいまでですが、その後も予防接種を受ける際には、医療機関へ持っていくようにしてください。

例えば、大人になってから風しんの予防接種は受けたかどうかの確認や、お子さんが海外に留学などに行く際には、接種の証明になるので、お子さんが大きくなっても保管しておいた方が良いものです。

医療機関には、カルテを5年間保管しておく義務がありますので、それほど年数が経っていなければ、母子手帳が無くても接種履歴の証明を取り寄せることは可能です。ただ、手続き等の煩雑さを考えると、母子手帳があれば済んでしまうので便利でしょう。

母子手帳が最初に必要になるタイミングは、初回の妊婦健診になります。妊娠が分かったらすぐにもらいに行っても良いですが、流産等の可能性もあるので、妊婦健診の日付が決まったら、もらいに行くというスケジュールが良いのではないでしょうか。

ちなみに当院では8〜10週くらいのタイミングで、次回の妊婦健診までに母子手帳をもらっていただくようお知らせしています。

さいたま市の産婦人科 丸山記念病院
〒339-8521 埼玉県さいたま市岩槻区本町2-10-5
一般外来 午前8:30~12:30
毎週水曜日、第一日曜日、祝日は休診
(診療スケジュールはこちらをご確認ください。)

関連記事

  1. 予防接種

    HPV9価ワクチンについて

    毎年、3月4日は、国際パピローマウイルス学会が開催する国際HPV啓発デ…

  2. 妊娠と薬

    陣痛促進剤は痛いのか?

    妊婦さんが不安に思うことのひとつに「陣痛促進剤」があると言います。…

  3. 妊娠中の病気

    妊婦さんの梅毒感染

    ここ数年感染者数が増えている梅毒ですが、2022年には10月末時点で、…

  4. 妊娠についてよくある質問

    妊娠と基礎体温

    赤ちゃんが欲しいと思った時に、「基礎体温」というのはとても有効な指標に…

  5. 妊娠についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染で妊婦の重篤化リスクは上がるのか?

    今回は依然として猛威を振るう新型コロナウイルスについてご説明していきま…

  6. 妊娠と薬

    授乳中の薬の服用は大丈夫?

    授乳中は、お母さん自身が口にするものが赤ちゃんに影響するのではないかと…

  1. 妊娠についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染で妊婦の重篤化リスクは上がるのか?
  2. 妊娠についてよくある質問

    妊娠中、飛行機に乗ってもいいの?
  3. お知らせ

    HPVワクチンのキャッチアップ接種について
  4. アレルギー

    妊婦さんに対する花粉症のお薬について
  5. 婦人科の病気

    女性ホルモンが及ぼす影響
PAGE TOP