産後うつ

母乳とミルク こだわらずにメリットを享受しましょう

出産後、赤ちゃんを母乳で育てたいという考え方をもつ方は多くいらっしゃいます。

もちろん母乳で育てることにメリットは多いので、母乳で頑張りたいという方には、母乳育児について丁寧に指導させていただきます。

ただし母乳育児は大切なことですが、こだわり過ぎる必要はありません。

今は「完全母乳」などの言葉も出てきており、母乳育児が正しいというような風潮が少なからずありますが、現在のミルクは栄養バランスもしっかりしていて、完全にミルクで育てたとしても赤ちゃんに不利なことはありません。

母乳が出る人はそれで良いですし、出ない人が自分を責めるようなことになってはいけません。母乳が出るかどうかは体質の問題も大きく、お母さんの努力ではどうしようもない場合があるからです。母乳育児にこだわるあまり鬱になったり、赤ちゃんが栄養不足になってしまっては本末転倒です。

お母さんがストレスにならないよう、母乳とミルクを上手く使い分けて育児をしていきましょう。

関連記事

  1. 妊娠と体重

    産後のダイエット

    妊娠・出産をすると多くの場合、赤ちゃんの体重よりも体重が増えることが多…

  2. 漢方薬

    不眠に効果のある漢方

    日本人は世界的に見ても睡眠時間が短いと言われていますが、実に5人に1人…

  3. 妊娠についてよくある質問

    産褥期(さんじょくき) ケアはどうする?

    出産後、体が徐々に元に戻っていく期間を産褥期(さんじょくき)と言います…

  4. 妊娠についてよくある質問

    カンガルーケアについて

    近年、「カンガルーケア」という言葉が一般的に浸透しています。カ…

  5. 妊娠についてよくある質問

    産後の抜け毛 授乳は関係あるの?

    産後、髪の毛が抜けるというような話をされる方もいますが、実際のところ、…

  6. オンライン診療

    コロナ禍での悩みを1人で抱え込まないで!

    長引くコロナ禍の中で、メンタルを病んでしまう方たちが増えています。妊産…

  1. 高齢出産

    高齢出産とは一般的に何歳くらいから?
  2. 妊娠についてよくある質問

    早産っていつから?
  3. 妊娠についてよくある質問

    会陰切開は痛い?
  4. 婦人科の病気

    低用量ピルとLEP(レップ)について
  5. 婦人科の病気

    月経で心配なことがあったら…
PAGE TOP