婦人科の病気

低用量ピルとLEP(レップ)について

「ピル」という表現は経口避妊薬に使うものです。

婦人科では生理痛を軽減するために同じものを使用しますが、避妊目的ではないため「Low dose Estrogen Progestin=LEP(レップ)」として区別しています。

LEPは、生理痛がひどい場合に和らげたり、月経(生理)を遅らせる効果があります。安全性は確立されていて、小中学生でも安全に服用できるエビデンスがあります。

(ごく稀⦅1万人に4〜5人程度⦆に血栓症を起こす可能性があるため、その観察は注意深く行います。ただし肥満や高血圧、喫煙をされている方は、血栓のリスクが高くなるため、処方をしないことが一般的です。)

ちなみに例えば部活の大きな大会や、受験の試験日などに時間的な余裕がない場合には、中用量の処方をすることもあります。ただし、副作用が強いので、心配な方はL E Pを早い段階で内服しておいた方が無難です。

さいたま市の産婦人科 丸山記念病院
〒339-8521 埼玉県さいたま市岩槻区本町2-10-5
一般外来 午前8:30~12:30
毎週水曜日、第一日曜日、祝日は休診
(診療スケジュールはこちらをご確認ください。)

関連記事

  1. 婦人科の病気

    子宮頸がん 子宮体がんについて

    子宮のがんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。ただし、解剖学…

  2. 婦人科の病気

    女性が受けておくべき健診・検診

    病気の早期発見・早期治療には健診・検診を定期的に受けていただくことがと…

  3. 婦人科の病気

    月経で心配なことがあったら…

    女性にとって月経は、人生においてかなり長い期間付き合っていかなければな…

  4. 月経

    月経に関する病気・症状

    産婦人科にくる患者さんの3分の1程度が、月経に関する病気や症状になりま…

  5. 婦人科の病気

    女性ホルモンが及ぼす影響

    女性ホルモンは、女性の身体と心のどちらにも大きな影響を与えることが分か…

  6. 不妊治療

    子宮内膜症とは?

    近年、女性が患う病気の中でも、よく耳にするようになったのが「子宮内膜症…

  1. 不妊治療

    不妊治療 保険適用で変化した事
  2. 子宮筋腫

    一般外来でも子宮鏡による診断・検査が可能です
  3. 妊娠についてよくある質問

    妊娠時の体重増加と運動について その2
  4. お知らせ

    ダレデモダンスマタニティって何?
  5. 妊娠と薬

    漢方処方についての考え方
PAGE TOP