婦人科の病気

月経で心配なことがあったら…

女性にとって月経は、人生においてかなり長い期間付き合っていかなければならない生理現象です。

人によって、月経に関連する様々な症状に重い軽いはありますが、月経で何か心配なことがあったら、気軽に産婦人科に来てください。月経は病気ではないからといって、我慢をする必要はありません。

特に小学校高学年から中学生くらいにかけては、月経のサイクルや症状が安定せず、自分にとって何がスタンダードなのか分からないことも多いです。
近年では身体の成長が早く、月経が始まる時期も早くなっていて、小学校高学年くらいでも月経で問題を抱えているケースもあります。

例えば、学校を休まなければならないほど生理痛がきつかったりする場合は、L E P製剤(低用量ピルと同じ成分の薬です)の処方で痛みや出血を抑えたりすることができます。
またナプキンを1時間に1回変えなければならないほど出血量が多かったりした場合、貧血になってしまうほどであれば、鉄剤などを処方してきちんと対策を取った方が良いのです。

L E P製剤については、最近では連続投与が主流です。年齢によって用量・用法に違いはありますが、きちんとしたエビデンスが積み重ねられた安全な療法です。

受験期に試験前だから月経を止めたい、アスリートの女性が大きな大会の前だから月経を遅らせたいというような場合にも使用できます。このような場合には自費診療にはなる場合もありますが、症状がある方は保険が適用になります。LEP製剤はそれほど薬価が高いわけではありませんので、心配する必要はないでしょう。

つらい月経をそのままにしておくとQOLが著しく下がります。無理をせず、何かあったら産婦人科医に相談してみてください。

さいたま市の産婦人科 丸山記念病院
〒339-8521 埼玉県さいたま市岩槻区本町2-10-5
一般外来 午前8:30~12:30
毎週水曜日、第一日曜日、祝日は休診
(診療スケジュールはこちらをご確認ください。)

関連記事

  1. 婦人科の病気

    女性ホルモンが及ぼす影響

    女性ホルモンは、女性の身体と心のどちらにも大きな影響を与えることが分か…

  2. 予防接種

    HPV9価ワクチンについて

    毎年、3月4日は、国際パピローマウイルス学会が開催する国際HPV啓発デ…

  3. 月経

    月経に関する病気・症状

    産婦人科にくる患者さんの3分の1程度が、月経に関する病気や症状になりま…

  4. 不妊治療

    子宮内膜症とは?

    近年、女性が患う病気の中でも、よく耳にするようになったのが「子宮内膜症…

  5. 婦人科の病気

    低用量ピルとLEP(レップ)について

    「ピル」という表現は経口避妊薬に使うものです。婦人科では生理痛…

  6. 婦人科の病気

    子宮頸がん 子宮体がんについて

    子宮のがんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。ただし、解剖学…

  1. 妊娠と薬

    妊娠中に湿布などの鎮痛剤・消炎剤を使用しても大丈夫?
  2. その他

    美容や疲労回復の注射やサプリについて
  3. 妊娠と薬

    妊婦さんに処方している漢方 頭痛
  4. アレルギー

    妊娠中のアレルギーは遺伝するのか?
  5. お知らせ

    パパママクラス オンライン
PAGE TOP