子宮筋腫

子宮筋腫について

子宮筋腫は、産婦人科の病気の中でも最もポピュラーなものと言ってもいいでしょう。筋腫とは筋肉が異常発達したコブのような腫瘍ができる病気です。それが子宮内にできるので子宮筋腫と言います。1cm以下の小さなものまで含めると、5、6人に1人の割合で、誰にでも起こり得る病気と言えます。

子宮筋腫は大きさだけではなく、どこにできるかによって症状が大きく異なってきます。例えば、外側にできるものが大きくはなりますが、大して症状が起こらないことが多いです。

一方、生理が起こる場所である中側にできる筋腫、粘膜下筋腫と言いますが、こちらの場合は1cmくらいの小さなものでも症状が重くなります。生理の出血量が増え、貧血の症状が出ます。

治療としては手術による切除となりますが、個人個人の状況に合わせ、治療の方針を決めることになります。例えば筋腫がたくさんあっても、それほど症状が無く、閉経間近の場合はそのままにしておくこともあります。筋腫は女性ホルモンの影響でできると考えられ、閉経後は自然と小さくなることが多いからです。その場合は漢方薬などで症状を抑えつつ、定期的な経過観察を行っていきます。

一方で妊娠を希望しているようなケースでは、筋腫が不妊の原因となる場合もあるため、症状が無くても切除することが多くなります。また妊娠すると筋腫は大きくなる傾向にあるため、事前にきちんと治療をしておくのが良いと思います。

このように女性のライフスタイルに合わせ、その時々で治療方針は変わってきます。子宮筋腫の治療では、信頼できる医師にきちんと相談してください。
丸山記念病院の場合は、かなりの大きさまで子宮鏡による手術に対応していますので、傷跡が残らず切除が可能です。(子宮鏡についてはこちらのページをご覧ください。)

関連記事

  1. 子宮鏡

    子宮鏡を使った診断・手術

    産婦人科で診察や検査をするときに欠かせないものがエコー(超音波)です。…

  2. 婦人科の病気

    子宮頸がん 子宮体がんについて

    子宮のがんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。ただし、解剖学…

  3. 不妊治療

    子宮内膜症とは?

    近年、女性が患う病気の中でも、よく耳にするようになったのが「子宮内膜症…

  4. 妊娠中の病気

    妊娠検査で子宮筋腫が見つかった場合

    子宮筋腫は不妊の原因になるため、妊娠を希望する場合、妊娠前に手術で切除…

  5. 子宮筋腫

    一般外来でも子宮鏡による診断・検査が可能です

    子宮にかかわる疾患を診断するのに「子宮鏡」はとても有効です。ただし、専…

  6. 子宮筋腫

    子宮鏡 手術費用や術後について

    子宮鏡の検査や手術については、扱っている医療機関がそれほど多くないため…

  1. お知らせ

    ダレデモダンスマタニティって何?
  2. 妊娠についてよくある質問

    産褥期(さんじょくき) ケアはどうする?
  3. 高齢出産

    高齢出産とは一般的に何歳くらいから?
  4. 妊娠についてよくある質問

    妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?
  5. 妊娠についてよくある質問

    高齢出産の具体的なリスクとは?
PAGE TOP