婦人科の病気

月経(生理)について悩んでいたら病院へ

月経(生理)は女性にとって、身近で大きな生理現象のひとつです。

月経の問題が起こると、QOLに大きく影響してしまいますので、痛みが強い、出血が多くて気になる、月経の時期が不順など、何か困ったことがあったら遠慮なく医療機関に来ていただきたいと思います。

月経は病気ではないからと、痛み止めを飲むのを躊躇する方もいるのですが、痛みで日常生活に影響があるほどなら、痛み止めを上手く利用してください。市販の痛み止めが効かないと思われている方もいるかもしれませんが、今は良い薬が出ていますので、それなりに効果があるものも多いです。

痛み止めは飲んでから効果が出るまで2時間程度かかりますので、痛くなる前に早い段階で飲むのがポイントです。また1回飲んで終わりではなく、1日3~4回程度、お薬が切れないように飲んで問題ありません。痛みを我慢する方が身体にはよほど悪いです。

痛みを限界まで我慢してから痛み止めを飲んでも効かず、救急車で運ばれてきた患者さんも過去にはいましたので、辛いなら痛み止めを飲みましょう。

また他に安全性が確立された治療法として、月経困難症の治療薬であるLEP(レップ)を服用する方法もあります。

医療機関にかかるのは月経中である必要はありません。生理痛がひどくて会社や学校を休まなければいけないほどだったり、家事や育児ができないほど辛い症状が出るなどあったら、医療機関に行って相談してみてください。

さいたま市の産婦人科 丸山記念病院
〒339-8521 埼玉県さいたま市岩槻区本町2-10-5
一般外来 午前8:30~12:30
毎週水曜日、第一日曜日、祝日は休診
(診療スケジュールはこちらをご確認ください。)

関連記事

  1. 不妊治療

    子宮内膜症とは?

    近年、女性が患う病気の中でも、よく耳にするようになったのが「子宮内膜症…

  2. 子宮筋腫

    子宮鏡 手術費用や術後について

    子宮鏡の検査や手術については、扱っている医療機関がそれほど多くないため…

  3. 婦人科の病気

    低用量ピルとLEP(レップ)について

    「ピル」という表現は経口避妊薬に使うものです。婦人科では生理痛…

  4. 月経

    月経に関する病気・症状

    産婦人科にくる患者さんの3分の1程度が、月経に関する病気や症状になりま…

  5. 婦人科の病気

    40代で生理が来ない、そんな時は?

    日本人女性の閉経の平均年齢は約50歳と言われています。ただし、個人差が…

  6. 婦人科の病気

    女性が受けておくべき健診・検診

    病気の早期発見・早期治療には健診・検診を定期的に受けていただくことがと…

  1. 妊娠についてよくある質問

    静脈瘤(じょうみゃくりゅう)は放っておいても大丈夫?
  2. 予防接種

    新型コロナウイルスの新しいワクチン
  3. お知らせ

    妊婦健診の受付に関して
  4. 不妊治療

    不妊治療の通院頻度は?
  5. 妊娠についてよくある質問

    妊娠中に病気に罹った場合は何科を受診すればいい?
PAGE TOP