婦人科の病気

女性が受けておくべき健診・検診

病気の早期発見・早期治療には健診・検診を定期的に受けていただくことがとても大切です。
今回は女性が受けておくべき健診・検診について、ご紹介したいと思います。

・子宮頸がん検診

子宮頸がん検診では、内診、視診、採取した細胞を検査する細胞診などを行います。
さいたま市では20歳以上の女性が、年1回受診することができます。(40歳以上は前年度未受診の方=2年に1回)
進行がんになってしまった患者さんのほとんどは、検診を受けたことが無い方たちです。検診を受けることでリスクが下がるので、今まで受診したことがない方は、ぜひ受診してください。

・子宮体がん検診

40歳以上の方には、子宮体がん検診も受けていただきたい検査です。
さいたま市の場合、子宮体部の検診は、原則40歳以上の方で、問診の結果、子宮体部細胞診の必要性が認められ、かつ、本人同意もある場合にのみ受診できます
ただし生理不順の方は、若くてもリスクがあるので、受けていただいた方が良いです。
子宮体がん検診は、人間ドックではやらないことが多いので、個別にきちんと受けていただきたい検査です。

どちらの検診も、助成の対象年齢であれば、費用負担はほとんどなく受診できるので、(2023年度は頸部検査600円、頸部+体部検査1,000円)忘れずに受診してください。

・乳がん検診

乳がんは検診を受けないと基本的には見つからないがんです。さいたま市では、40歳以上の女性は2年に1回助成の対象となります。(2023年度は視触診+マンモグラフィ1,000円)
昔は視触診だけでしたが、見逃しも出てしまうため、現在ではマンモグラフィをマストで行うようになっています。
特に血縁に乳がんの方がいる場合には、若いうちから受診することをお勧めします。若年性の乳がんは、その多くは遺伝ということが分かっています。

・骨粗しょう症健診

骨粗しょう症の予防のため、骨密度を計測する健診です。さいたま市では、40歳、45歳、50~80歳の女性では隔年で助成が出ます。(自己負担金400円)。
手のX線写真で骨密度を測定するDIP法でやることが多く、さいたま市の助成対象もこちらの検査になりますが、精度が余り良くありません。
そのため丸山記念病院では、大腿骨と腰の骨で検査を行うデキサ法で検査を実施しています。
特に閉経後の女性は骨密度が低くなるので、定期的に受診することをお勧めします。

さいたま市の産婦人科 丸山記念病院
〒339-8521 埼玉県さいたま市岩槻区本町2-10-5
一般外来 午前8:30~12:30
毎週水曜日、第一日曜日、祝日は休診
(診療スケジュールはこちらをご確認ください。)

関連記事

  1. 婦人科の病気

    月経(生理)について悩んでいたら病院へ

    月経(生理)は女性にとって、身近で大きな生理現象のひとつです。…

  2. 婦人科の病気

    月経で心配なことがあったら…

    女性にとって月経は、人生においてかなり長い期間付き合っていかなければな…

  3. 婦人科の病気

    40代で生理が来ない、そんな時は?

    日本人女性の閉経の平均年齢は約50歳と言われています。ただし、個人差が…

  4. 予防接種

    HPV9価ワクチンについて

    毎年、3月4日は、国際パピローマウイルス学会が開催する国際HPV啓発デ…

  5. 婦人科の病気

    低用量ピルとLEP(レップ)について

    「ピル」という表現は経口避妊薬に使うものです。婦人科では生理痛…

  6. 婦人科の病気

    女性ホルモンが及ぼす影響

    女性ホルモンは、女性の身体と心のどちらにも大きな影響を与えることが分か…

  1. 漢方薬

    不眠に効果のある漢方
  2. 妊娠と体重

    妊娠中の激辛
  3. 妊娠についてよくある質問

    妊娠と貧血
  4. 妊娠と薬

    新型コロナウイルスワクチン→妊婦さんに対しては?
  5. お知らせ

    産婦人科部長/丸山記念病院副院長 丸山正統医師の紹介 Part2
PAGE TOP